洗顔におすすめの水温は「32度」それって?

その洗顔方法は「今のお肌」に合っていますか?

 

 

実はサロンを始めてから
ずっともどかしい気持ちでいたことがあります

 

それは
お客様が実際に
洗顔をしているところを見れない!

 

見たい、、、
見たい、、、
見たい!!!

 

一度、洗面器を使ってご協力いただいたんですが
う~ん
なんかご自宅でされるかんじと違うんですよね…

 

サロンを移転して念願が叶いました

 

洗面コーナーができました
手洗い、うがいもしていただけます

 

 

どうして洗顔しているところが見たいのか?
それはときどき
こんなやりとりがあるからです

 


「毎日の洗顔なんですが
泡立てはたっぷりで
こすらないように洗って
すすぎも冷ためのぬるま湯で
優しくいたしましょう」

お客様
「はい!わかりました」

 

で、次回のご来店時
だいぶんいい感じになってられるけど

う~む、なんか赤みがあるんですよね

 

クレンジングの種類や量
洗顔料の泡立てかた
問題ないのになぁ

 

実際に洗顔されてるところを見たら
何か原因がわかるんだけど

 

この度サロンで
拝見させていただけるようになると
やっぱりコレか!が見つかりました

 

毎日のスキンケアで
肌を疲労させる(老化)原因として
洗顔時の刺激はとても大きいです

 

その中でも特に
すすぎ水の温度!
高すぎても低すぎても肌の刺激になります

 

 

洗顔におすすめの水温は32度のぬるま湯
(だいたい25度~35度の水)

 

毛穴から出た皮脂汚れは
体温より低い32度で溶け始めます

 

それより低い水温だと
皮脂は固まり洗浄不足になり
高い温度だと皮脂を必要以上に取りすぎてしまいます

 

寒くなってくると
つい水温を高くしてしまいますが
体温より低い32度は私たちには
少しひんやりする温度ですが
肌にとっては高くも低くもない
優しい温度です

 

「いつもの水の温度を出してみてください」
と、お客様とご一緒に確認してみると

 

 

水温40度前後の方や

 

朝から水仕事をする女性は冷たさに慣れて
20度の水を使われていました

 

ぬるま湯っていっても
人それぞれの体感です

 

 

その後、朝晩の洗顔時の水温を変えるだけで
お肌の赤みや乾燥
毛穴の黒ずみに変化があります

 

 

サロン施術と
ホームケアの見直し
肌の赤みや乾燥が改善(1か月変化)
炎症によるしみが目立たなくなったお客様

 

 

そして
朝の洗顔
洗顔料は必要か?問題

 

 

 

それは
朝のお肌の状態によって違います

 

寝ている間
皮脂の分泌が活発
肌がテカったり
くすんだりしている場合は
洗顔料で皮脂汚れを取り除く必要があります

 

あ!ここはご注意

 

乾燥しすぎている肌も
テカリますし、くすみます
皮脂汚れによるものとは肌の様子が違います

 

皮脂がほとんど出ない肌質の場合は
朝晩の洗顔料で
必要な皮脂をとり過ぎてしまうと肌が乾燥します

 

この場合は朝の洗顔料不要
ぬるま湯の洗顔で充分です

 

 

□皮脂分泌が活発な肌
□皮脂分泌がほとんどない肌
□そのどちらもある肌

 

麗らかでは
あなたのお肌にとって
どんな洗顔法が良いのか
正しいとか間違いではなく
今の肌に合う方法をご一緒に確認しています

 

20年前のあなたのお肌にとって
ちょうど良かった洗顔法が
今のお肌には逆効果になられていることも少なくありません

 

今、テレビCMやネットでよく見る
摩擦レスな洗顔料、クレンジング料は
誰のどんなお肌にとって良いのでしょうか

 

「だってそうやって売ってるから
皆にいいんでしょ」

 

 

流行りの化粧品が生むお客様のお肌悩み
これまで色々、ありました

 

オイルクレンジングが流行れば
〇〇肌の悩みが増え

酵素洗顔料が流行れば〇〇肌のお悩みが
シートクレンジングの流行においては
お辛い肌状況を加速化されている方が
たくさんいらっしゃいました

 

流行りのモノが今のお肌にちょうど合う
良かったという方ばかりではないので
思い込みや流行りではなく
客観的な見極めが必要です

 

麗らかでは
マンツーマンで
あなたのお肌のお手入れ法をご一緒に考えます

 

その洗顔法は今のお肌に合っていますか?


ぜひ、ご一緒に確認いたしましょう

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

◎無料相談、ご予約はLINEが
かんたんです

 

LINE登録時には
サロンのお客様が簡単だけど
お肌の土台作り大切なこと
「大人肌のお家ケア3つ」
プレゼントしています

もちろん
LINEは配信を見てるだけ大歓迎です

⇓ こちらからLINEにつながります  ⇓